ホーム > 大規模修繕工事 >Step9.鉄部塗装工事

Step9.鉄部塗装工事

鉄部塗装工事

マンション内には多くの鉄製品が使用されています。外壁塗装に比べ期待耐用年数が劣る鉄製品塗装は、5年おきに塗り替えを行うことが理想とされています。
鉄部塗装において重要なのは、下地処理(ケレン)でしっかりと錆を除去することが重要です。新たに塗料を塗っても錆がしっかりと除去されていない部分から不具合が生じ、品質に影響してしまうからです。ケレンで錆を除去したのち、錆止め塗布→中塗り塗料→上塗り塗料の順に被膜を形成し、仕上がりとなります。※現在では主に弱溶剤のものを使用しますが、臭気(シンナー臭)を発生する為、工事中は十分な換気が必要となります。

・ケレン処理 ・錆止め塗布 ・中塗り塗布
・ケレン処理 ・錆止め塗布 ・中塗り塗布
・上塗り塗布(完)    
・上塗り塗布(完)    

 

POINT

鉄部塗装工事は美観の向上も当然の事ながら、それ以上に鉄部の保護機能を向上させる事が大きな目的となります。
鉄は必ず時間が経つ事で錆が発生する特性を持っています。

一度発生した錆は、自然に治癒する事は決してなく、時間と共に範囲が広がり、最悪の場合は鉄の腐食や欠損を招く恐れがあります。

腐食や欠損へ至った場合は、通常の塗装で補修する事は難しく、部材の交換や溶接補修が必要となり、その費用は比べ物にならない程膨れ上がってしまいます。

錆を未然に防ぎ、美観に優れた品質の高い施工を行う為には、下記のポイントが重要となります。

  1. 発生している錆をケレンで確実に落す。
  2. 脆弱な既存塗膜や、塗膜表面の汚れをケレンで確実に落す。
  3. 既存塗膜、鉄部素地との相性を考え、適切な錆止め塗料及び上塗り材を選定する。
  4. 材料メ-カ-の指定する塗装手順、使用量の厳守。
  5. 施工時における天候、気温、湿度の確認。
  6. 適切な施工用具の選定。
  7. 塗りムラや塗り忘れがない事を、確認したうえで次の工程へ進む。

 

 


ニュース/イベント

お問い合わせフォーム

用語集

株式会社リソーは、東京都・神奈川県を中心に大規模修繕を専門に工事する会社です。 マンション・ビルの大規模修繕工事の診断・お見積りはお気軽にお問い合わせ下さい。 東京の実績も多数ございますので、安心してご依頼頂けます。